PR

空で響くムクドリの声!多様な鳴き声の意味、騒がしいときの対応方法、生態について

スポンサーリンク
生物
記事内に広告が含まれています

都市部でよく目にするムクドリですが、彼らの鳴き声は多彩で魅力的です。これらの鳴き声には特定の意味があるのでしょうか?

さらに、彼らの生態や騒音対策についても興味深いでしょう。

そこで、ムクドリの声の多様性、その意味、騒がしい時の対応策、生態について掘り下げてみましょう!

スポンサーリンク

タイトル:ムクドリの声!どのような鳴き声をするのか?

ムクドリの鳴き声は、まるで音楽のようなリズムを持ち、会話を交わしているかのように聞こえます。

特に「キュリリリ」という鳴き声は、他のムクドリとの対話のように感じられますが、同時に山や自然の中でのやまびこの響きを思い起こさせることも。

自然の環境では美しく響くこの声が、複数のムクドリが同時に鳴くと、やや騒がしく感じられることもあります。

単独で鳴くムクドリの声は、さえずりのように聞こえますが、口をあまり開けずに鳴くため、その声は控えめです。

この独特な鳴き声は、まるでスズメが早口で鳴いているような印象を与えることもあります。

ムクドリの鳴き声とその意味

ムクドリの鳴き声は主にコミュニケーションのために使われています。

特に早朝や夕方によく聞かれ、電線に群がった際の『ギァーギァー』という鳴き声は、彼らが喧嘩している時のものだとされています。

この時の鳴き声は特に騒がしいです。一般的に、鳥の発する音は以下の4種類に分類されます。

さえずり:
特に春から夏の繁殖期に雄が縄張りの主張や求愛のために発する。複雑で長い音から単調な連続する声まで様々です。

地鳴き:
コミュニケーションや警戒のために発する、季節や性別に関係なく出る短めの声。『チッ』や『ジャッ』などの音が一般的です。

ドラミング:
求愛や縄張りの主張、威嚇のために発する音。キツツキの木を叩く行為などがこれに当たります。

クラッタリング:
鳴くことができない鳥が嘴を打ち鳴らしてコミュニケーションを取る行為。求愛や威嚇の際に用いられます。

夕方には、仲間を集めつつ、ねぐらの安全を確認するために鳴くとされています。

しかし、これが仲間を集めるためだけではないことは、彼らが群れで止まってから30分から1時間鳴き続ける様子からも明らかです。

夜には通常静かになるものの、稀に夜通し鳴き続けることもあります。

『リャーリャー』『キュリリリ』『キュルキュル』『ジェー』『ケケケ』『ツィッ』など、様々な鳴き声を発するムクドリの声を文字で表現するのは難しいため、動画参照が推奨されます。

ムクドリの特徴と生態について

外見特徴
ムクドリはスズメ科に属する鳥で、体長は約24cm程度です。頭部は灰色がかった黒褐色で、体全体は黒っぽい褐色をしています。

目の周りや頬には白い斑点が見られ、嘴と足は黄色いのが特徴です。サイズとしては、スズメとハトの中間くらいで、一羽だけで見ると愛らしい外観をしています。

生息地と食性
ムクドリは地面でエサを探すことが多く、雑食性です。

元々は椋の実を好んで食べることから「椋鳥」と呼ばれていましたが、実際には虫やその幼虫、種子、果物など様々なものを食べます。

主にアジア大陸の中緯度、温帯地域に生息しており、日本では九州より北でよく見られ、北海道では夏鳥として知られています。

主に低山地や平地で活動し、人家周辺の林などで繁殖します。

行動と繁殖
繁殖期が終わると、ムクドリは数百から数千羽に及ぶ大きな群れを形成します。

これは外敵から身を守るための行動ですが、街中では騒音や糞の被害を引き起こす原因となっています。

彼らは毎年同じ場所に戻る習性があり、群れの数はさらに増加することがあります。

もともとは河原の広葉樹や人家近くの竹薮などを住処にしていましたが、開発により住処が失われたため、街中で見かけることが増えました。

春から夏にかけての繁殖期には、建物の軒下や樹洞などに巣を作ります。

一夫一婦制で、雌は一度に4~7個の卵を産み、12日ほどで孵化します。

その後、約23日で巣立ち、ひな鳥は約1か月間親と共に行動します。ムクドリは繁殖力が高い鳥としても知られています。

ムクドリの騒音対策!どうすれば良い?

ムクドリは早朝から活動を始め、特に夕方には電線などで群れをなし、寝るまで鳴き続けるため、騒音として不快に感じられることがあります。

では、ムクドリの騒音に対してどのような対策が考えられるでしょうか?

ムクドリによる被害は広く報告されており、様々な対策が試みられています。

例えば、木にネットをかける方法や、ムクドリの天敵の声を録音して流す方法などがあります。

ネットをかけた木にはムクドリが来なくなることもありますが、結果として隣の木に移動するだけの場合もあります。

残念ながら、これらの方法には絶対的な効果は認められていません。

しかし、ムクドリの鳴き声を録音し、大音量で流すという方法は一定の効果があると報告されています。

実際にさまざまな場所で試され、ムクドリがその場から離れる効果が見られたそうです。

ただし、これによりムクドリの数が全体的に減少するわけではなく、他の場所で再び被害が発生する可能性があるため、一時的な解決策に過ぎない可能性があります。

おすすめムクドリ対策商品!人気のアイテム紹介

鳥よけスプレー「ディフェンスメル」
鳥が嫌う臭いを利用した簡単なスプレーです。手軽に使えて、鳥を寄せ付けたくない場所に向けて「シュー」と一吹きするだけで効果が期待できます。

タンセラショップ
¥2,480 (2024/02/29 12:18時点 | 楽天市場調べ)

首振りフクロウ模型
風によって首がリアルに動くフクロウの模型。鳥たちを威嚇するためのリアルな目玉が特徴で、鳥を寄せ付けないように設計されています。

超音波鳥よけ装置「ISOTRONIC」
この装置は、鳥が嫌がる特定の周波数の超音波を発生させることで、鳩やカラスなどの鳥を遠ざける効果があります。場所に置いておくだけで、繁殖地や集まりやすい場所から鳥を避けさせることが可能です。

発射は5秒間行い、その後25秒間停止しますが、この間も装置は正常に作動します。

また、鳥が周波数に慣れないように、発射される周波数の帯域は変化します。超音波の影響範囲は最大40平方メートルで、鳥が居心地の悪い環境を感じて自然と住処を変えるように促します。

まとめ

日常生活の中でよく見かけるムクドリについて詳しく調べてみた結果、騒音対策が思ったよりも難しいことがわかりました。

しかし、ムクドリの鳴き声に込められた意味を理解しながら対策を講じることで、問題を少しでも緩和できるかもしれません。

このような知識を持つことが、ムクドリとの共存への第一歩になるでしょう。

生物
スポンサーリンク
ウルトラインフォ