オーバラッピングのメリットとデメリット!ゴルフ上達への道

スポンサーリンク

初めてゴルフをするときに迷ってしまうのがゴルフクラブの持ち方ではないでしょうか?

初めてでも習得しやすく、有名な持ち方がオーバーラッピングです。

有名な握り方と言われても混乱しますよね。

慣れてくれば難しくない持ち方なのでさっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

オーバーラッピングの握り方は!あっという間にできる方法

オーバーラッピングの握り方はこちらです。

1. ゴルフクラブを握るときは左手から。

この時に左手の親指と人差し指がVの字に角度があるとフックグリップといって違うものになります。

2. 右手を重ねる

次は右手の小指を左手に重ねるように。

ただ重ねるのではなく左手の小指を右手の人差し指と中指の間に挟む。

初めてでは少し違和感を覚えてしまう方も。

初めてでは練習して徐々に鳴らしましょう。

さらに左手の薬指を右手の人差し指をくっつけるのが良いでしょう。

慣れないうちからゴルフ場に行って練習をすると変にクセづき、手を痛める事があるのでくれぐれも気を付けましょう。

また握ったときに右手の平にある生命線が両手の親指の上に来るような形が理想的です。

生命線の向きからズレた握り方にするとスイングしている時に両手の位置がズレてしまいます。

結果的にスイングそのものがズレてしまう事もあるのです。

だから、生命線の位置と握っている位置が合っているか確認しながら練習すると良いですよ。

両手に一体感が出やすく、スイングしやすい握り方なのでぜひ試しお試しください。

オーバーラッピングとインターロッキングの知っておくべき違いを解説

この2つの違いって意外と分からないですよね。

オーバーラッピングは右手の小指を左手に重ねる握り方です。

インターロッキングは右手の小指と左手の人差し指を絡めるように握ります。

パット見は似ていますが、少し違った握り方なのが分かりますね。

以前、ゴルフの情報雑誌で握り方のアンケートを取ったところ全体の半数がオーバーラッピングでインターロッキングは約20パーセントでした。

女性や手の小さい方はインターロッキングのほうが握りやすく、両手の一体感があるので安定したフォームで握る事ができます。

オーバーラッピングとインターロッキングそれぞれの特徴やメリットはこちらです。

○オーバーラッピング
◆メリット

・両手に一体感が出る
・左手主導でスイングしやすい
・オーバーラッピングで握っている人が多いので真似しやすい

◆デメリット
・右手を生かせない
・手が小さい方には握りづらい

○インターロッキング
◆メリット

・両手の一体感が出る
・右手主導でスイングしやすい
・手の小さい方でも握りやすい

◆デメリット
左手を生かせない
右手に力が入り過ぎて小指を痛めてしまう事がある

まとめ

オーバーラッピングの内容をまとめてみると、右手の小指を左手に重ねる握り方で左手の小指と右手の人差し指をぴったりくっつけるのがコツです。

オーバーラッピングとインターロッキングの違いは握り方で、インターロッキングは手の小さい方や女性の方にオススメです。

初めてのゴルフでは握り方も分からないので混乱することも多いですが、少しずつ練習して楽しんでみてください。

雑学
スポンサーリンク
ウルトラインフォ