初めてのクリーディーゼル!適切なオイル交換時期はいつ?

スポンサーリンク

クリーンディーゼルは軽油を使用しているぶんオイル交換の時期が早いといわれています。

せっかくクリーンディーゼル車を購入したからには長く使用したいですよね?

今回はクリーンディーゼルのオイル交換時期や費用の目安をまとめています。

この記事でオイル交換時期を知ってしっかりメンテナンスを行いましょう。

スポンサーリンク

クリーンディーゼルのオイル交換の目安は!頻度はどれくらい?

クリーンディーゼルは一般的な自動車と違って軽油を燃料としています。

軽油はガソリンに比べてオイル交換が頻繁に必要です。

ディーゼル車は軽油を使用するからこそガソリンよりも多い硫黄が燃料になっています。

だからこそ定期的に点検が必要なんですね。

オイル交換の頻度は10,000キロか、1年に一度が理想的だと言われています。

でもアップダウンの激しい場所での走行が多い場合は5,000キロは半年に1回はオイル交換したほうが良いです。

どうしてもアップダウンの多い道路ばかり走っているとエンジンにダメージがかかってしまいますもんね。

また軽自動車やターボ車の場合は早めに交換しておいたほうが良いですよ。

理由としては軽自動車やターボ車のほうが車自体に負荷がかかりやすいのです。

基本的には早めのオイル交換や点検を心掛けたほうが長く使えます。

エンジンオイルが劣化していくということはエンジンの寿命を削っているのと同じです。

しかも長期で使用することでエンジンオイルの中に不純物が溜まってしまいます。

しかもオイルの中に溜まった不純物は除去できません。

結果的にはフィルターも詰まってしまうんです。

あまり使用しないからといって油断は大敵なんですよ。

もともと何もしなくても水分、砂、ホコリが入ってしまう事で少しずつオイルは酸化していきます。

そしてエンジンがダメになってしまうんです。

せっかく購入した車なのにメンテナンス不足で使えなくなってしまうのは悲しいですよね。

オイル交換も大事ですが、フィルターなどの他の部分のメンテナンスも大事です。

目安はありますが定期的に内部やオイルの状態を点検しといて損はないと思われます。

いくら掛かる?クリーンディーゼルのオイル交換費用は

オイル交換の費用は3,000円~12,000円くらいかかってしまいます。

自分でオイル交換をする場合は専門店で5,000円前後で購入できます。

しかし自分でオイル交換するとなるとそれなりに専用の工具なども必要です。

工具の代金も含めたら最初は高くなってしまう可能性があります。

オイル交換に慣れていれば別ですが最初は結構大変です。

ちなみにオイルはネットでも販売されているので、手ごろだと思われがちですよね?

しかしネットで販売されている物の中には無名の海外メーカーが出回っています。

だから購入の際は純正品を購入しましょう。

お店で依頼する場合イエローハットでは3,000~8,000円が目安となっていました。

あくまでも目安なのでグレードや容量によっては高くなる場合があります。

オイル交換を専門業者に頼む時の工賃はこちらです。

・ディーラー 1,000~2,000円
・カー用品店 500円
・ガソリンスタンド 1,000円

ディーラーにお願いする時が一番高いのですが、メーカーの純正オイルを使用してくれるので安心感は高いです。

カー用品店の場合は値段も安く、お店にある商品の中からオイルを選ぶ事ができるのが良いところですね。

ガソリンスタンドでお願いする場合は給油のついでに交換できたり、店舗によって遅い時間でも交換してくれるところが魅力となっていました。

長い間走っていたり、月日が経過するとオイルはだんだん劣化していくんです。

長時間使用することによってエンジンの潤滑が落ちてしまいます。

具体的には変な音が出てきたり、パワーが落ちてくるんです。

最終的には燃費まで悪くなってしまいます。

それだけではなくオイルが少なくなってしまうとエンジン内部の部品まで破損してしまうんです。

エンジンのところが壊れてしまうと修理はできません。

だからエンジンを交換するしかないんです。

しかもエンジンもかなりのお値段なので、結果的に車を買うはめになってしまいます。

まとめ

今回の記事では
・クリーンディーゼルのオイル交換時期
・クリーンディーゼルのオイル交換費用
について紹介しました。

軽油を使用する分、定期的な点検やオイル交換が大事なのが分かりましたね。

最近ではネットでも購入できたり、業者に頼むのも簡単になっているので便利です。

クリーンディーゼル車を長く愛用するためにもメンテナンスを行いましょう。

スポンサーリンク
ウルトラインフォ